息子の愛した松前漬け

タイトルだけ見ると、息子はもういないみたいに見えますが、そういうわけではありません。
「博士の愛した数式」風にしたかっただけです、すみません。

さて。

私は現在ホルモン剤の副作用と思われる倦怠感に苛まれつつダラダラ過ごしているわけですが、ふと気が付くと世間はもう年末ではないですか。

おせち料理とかどうしよ?
去年の年末というか今年の正月は絶賛抗がん剤の副作用と戦闘中で、「おせち料理?なにそれ美味しいの?」状態でした。
いや、言葉の綾ではなく、ホントに味覚障害とか出て、ナニの味も感じられない、アクエリアスとおかゆでなんとか生きていました。なので「おせち」ナシ、「大掃除」もナシでした。

しかし今年はさすがにそれはないかな、でも年末に人ごみの中買出しに行く根性はないよね、いやいや免疫力低下中だしむしろそれは避けよう、と通販サイトを眺めていて、たまたまこのページを開いていました。

http://item.rakuten.co.jp/sunlout/c/0000000118/

数の子の松前漬けです。

いや、数の子って食べたいけど塩抜きして、薄皮はいで、となるとね、今現在も皮膚が薄くなってる感じで指先パサパサなのでツライかなーっと。

そしたら、私の背後を通りかかった息子が見て、
「買って買ってー」と言い出しました。

何歳だよ、アンタ。。。

塩数の子を買うより、手間はかからないし、まあこれでもいいんですけどね。

今を去ること20とウン年前、当時1歳半の息子をスーパーのカートに乗せて買い物をしていたところ、いつのまにか「ウナギ(国産)のパック」を握り締めていたことを思い出しました。お菓子とかジュースならまだ話はわかるんだけど何ゆえウナギなのか。。。

昔話はどうでもいいのですが、あんまりうるさいのでついつい買ってしまいました。

もう1回だけ言わせて。

何歳だよ、アンタ。。。

 

というわけで、届いたのがコチラです。

松前漬け

なんのかんの言いながら600g×3個を買ってしまった^^;いやまあ、多い方が割安だしー、冷凍庫も買ったしさ。

正月用に、と思ってたのに早速開けました。息子が。

松前漬け 中身

思っていたよりも大きい数の子が入っています。元々、レビューがわりとよかったので検討していたものなのですが。
別に疑うワケじゃないけど、ショップの商品写真、特に食べ物とかは「見栄え良く写そう」と思えばイロイロできるじゃないですか。

などということを考えていたら、息子がおもむろに米を洗って、寿司酢を合わせ始めました。(ヲイ
回ってる寿司屋で、1.2を争う、かなり好きなのが「松前寿司」なんだそうです。(スシローにある軍艦になってるやつね

そしてできあがったのがコチラ
松前ちらし

人数分の軍艦巻きにするだけの海苔と気力がなかったそうですが、ウチで食べる分にはOKですよね。

そしてお味のほうはというと、この写真の量のごはんにこの量の松前漬けは多すぎでした。まあ漬け、なんだからあたりまえか。後でゴハン足しました^^;数の子の比率的には大満足、ただ歯ごたえはもうちょっとだけあってもいいかな。
味のバランスも絶妙でかなり好みです。楽天市場のレビューには「味が濃すぎ」というのもありました。私も「もう少し薄くてもいい」と思いましたが、これ以上薄かったらあっという間に食べつくしてしまいそうw


PAGE TOP